おでん・おのでん・ぶゆうでん
ぼくの、不思議な夢のような、ひと時を綴る、感じ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷす

さっきのブログの続きじゃないけど、続き。

いやー
びっくりしたの。

火曜の2、3限は英語の必修なんだよね。
んで、オレはなんか毎回仲の良い方々と違うクラスなんですよ。

いやーでね。
2、3限のクラスに知ってる子はいるんだけど、知ってる程度で普段はしゃべんなかったり、名前知らんかったりで。

なおかつ、なんか人に話かけるの苦手でさ。


本当になんかアウェーな感じなんだよね、とりあえず。

でも、まぁー2限は毎回席かわると思うからあんまり心配してないし。
3限は翻訳を体験してみようぜ的な授業だから、自分にとって未知の世界だから、静かーに授業受けたいから、あるいみいいのかもね。


んで、そんなことはどうでもよくてさ。

なにに、 私がびっくりしたかね。


3限のときに
先生が席を固定にしたいから目が悪い人は言って下さいって言ったのさ。

で、結果みんな手をあげないんだよね。

んで、先生がさ、『恥ずかしいのかなそういう人は授業後でもいいです』 的なこと言ったのさ。

内心『そんな奴いるか』って思ったの。

もう大学生だし、目が悪いことなんて恥じる必要性がないじゃん。


んで、授業終了後ね。
何人も、少なくとも5人は先生に前の席にして欲しいって頼みに言ったんだよね。

at least5人だかんね。


なんかさ、いやべつにいいんだよ。でもなんか、大学生にもなって、手をあげて席前にして下さいが言えないのかね。


あきれたよ。

その方々のなかの何人かは、成績のためなのかもだけどさ、、。 手あげて目が悪いですって言えない奴が、手あげて問題を答るのができんのって思い。 んまぁーそういう奴に限ってできるからなんとも言えないんだがね。


まぁーそんなこんなでびっくりした訳ですよ。


以上
スポンサーサイト

コメント

わぁーぉ┓(;¬_¬)┏


あきれちゃうね
【2009/09/16 09:10】 URL | さやか #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

tamago

Author:tamago
ど~も!tamagoです。
ここでは、日々僕が感ずることヲ、
思い思いに書き込んでおりヤス。

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。